医療品物流とは

北海道内医薬品の医薬品を運ぶ、医療品専門の輸送業を、「医療品物流」といいます。

旭運輸では、創業以来半世紀以上にわたり、医薬品専門輸送業者として、多くの医薬品メーカー様や、3PL企業様、医薬品卸様の物流業務のサポートを行っております。

本州・道内から輸送された医療品を、温度管理・運行管理・衛生管理・セキュリティー管理・文書管理・教育管理に取り組みながら、道内の各機関様へ配送。品質管理はもちろん、顧客二ーズに合わせたきめ細やかなサービスをご提供いたします。

医療品物流の流れ

旭運輸では全国各地から集荷した医薬品を、道内各地へ配送しています。

「医療品物流」の流れをご紹介します。

輸送・集荷

全国各地から旭運輸に医療品が輸送されてきます。

主な輸送・集荷元
  • 本州メーカー様
  • 3PL企業様
  • 道内メーカー様
  • 道内卸様物流センター
  • 道内卸様デポ

保管

旭運輸で適切な温度管理のもと、保管されます。

配送

北海道内各地の医療施設や物流センターなどへ、医療品をお届けします。

主な配送先
  • 道内卸様物流センター
  • 道内卸様デポ
  • 道内医療機関様(病院・薬局・薬店)

GDPガイドラインに対しての取り組み

旭運輸では、薬事法をはじめGMP(医薬品の製造ならびに品質管理に関する規制)、GDP(医薬品の物流に関する基準)を満たした温度管理を含む医薬品の輸配送品質管理体制構築に努めております。 
ここでは、旭運輸の様々な取り組みをご紹介します。